エキサイトブログ
樋口智恵子official blog「ヒグチ風味、チエコ味。」

カテゴリ:Chantilly( 13 )

Chantilly(シャンティイ)の歩き方!

7月にシャンティイに行ってみて、すっかり大好きな街になりました。
d0063314_19123142.jpg
どこか南仏的な建物が多くて可愛いし♡
d0063314_19133460.jpg
スリにハラハラすることもなくのんびりと待ち歩きしたり公園や森をお散歩したり。
d0063314_19135529.jpg
しかも電車だとパリからたったの30分(車でも45分くらい)!
d0063314_1914579.jpg
シャルルドゴール空港からも車で30分なので
とっても気軽にパリとはまた違った雰囲気を感じられるのです。
d0063314_19141151.jpg
d0063314_19163830.jpg
競馬場とシャンティイ城のみがクローズアップされがちなChantilly。
もちろんその両方とも本当に素晴らしいのですが、
それを抜きにしても街の美しさとパリとはまた違った雰囲気を味わうために
またシャンティイに行きたいな!と思いました。
d0063314_19145127.jpg
日帰りでシャンティイ城見学ツアーなどが多いようですが、
せっかくだったら泊まってのんびりして欲しい。
ゆっくりするともっと好きになる素敵な街です。
d0063314_19171093.jpg
地球の歩き方を見てもまだ半ページくらいしか情報がないので
主要スポットと今回私が行ったお店をいくつかご紹介します。
Google mapに番号を入れたのでもしよかったら参考にしてみてくださいね。
d0063314_19151216.jpg
Aが今回泊まった「Auberge du jeu de Paume」
d0063314_19244780.jpg
Chantillyのホテル「Auberge du jeu de Paume」のお部屋
4 rue du Connétable 60500 Chantilly FRANCE

1「Boulangerie du Château」
d0063314_19173589.jpg
こちらはホテルから歩いて3分ほどのところにあるブーランジェリー。
朝こちらにパンを買いにいったら行列ができていました。
私はシャンティイ城に向かいながら大好きなショソンオポム(アップルパイ)を食べ歩き。
d0063314_19175481.jpg
これはパリのポワラーヌ越えかも!と思う程美味!
24 Rue du Connétable 60500 Chantilly,


2「Id Cook」
d0063314_19185215.jpg
とってもオシャレで質のいいものが揃うエピスリー&デリ。
d0063314_19196100.jpg
数年前妹と訪れたシャトー「Château d'Estoublon」のオリーブオイルも置いてありました。
「Château d'Estoublon」http://chieco0130.exblog.jp/11844633/
d0063314_19191628.jpg
ランチとシャンティイクリームを食べ過ぎた二日目に
ここのデリでお惣菜を買ってホテルでいただいたのですがとっても美味しかった!
d0063314_19194612.jpg
帰りにシャンティイに寄るならばここでお土産を買うのがおすすめ★
78 Rue du Connétable 60500 Chantilly,

3この辺りに薬局があります。実はシャンティイで風邪をひいてしまいここで薬を買いました。
パリの様に「信号渡ればファーマシー」ではない田舎で薬局の場所を知っておくと以外に便利!

4「Giorgio Trattoria」
d0063314_19215067.jpg
井田さんとFredと夕飯を食べたイタリアンレストラン。
物凄い歩いた後だったので美味しく感じたかもしれませんが、
前菜もピッツァも美味しかったです。
d0063314_1922520.jpg
この界隈には夜にぎわっているお店がいくつもありました。
夕ご飯にオススメのエリアです:)
6 Mar Joffre, 60500 Chantilly

5「Chantilly-Gouvieux駅」
パリ北駅から電車で着くシャンティイの玄関口。
友人との待ち合わせでホテルから駅まで歩いたのですが約20分。
何も荷物がなければ全然歩ける距離ですがスーツケースがあるならバスかタクシーを。
駅から4のレストランエリアまでは住宅地で
人通りがなく深夜は友人と歩いていても少し怖かったので
日が落ちてからの一人歩きはひかえた方がいいかもしれません。

6「シャンティイ城」
d0063314_19253860.jpg
今回本当に感動したシャンティイ城。丁度数字の辺りがチケット売り場。
チケット売り場までホテルから歩いて5分くらい。
お城もお庭もとっても素敵だしクレームシャンティも最高なので
ゆっくり時間を取るのがおすすめ。
シャンティイ城・コンデ美術館
シャンティイ城で極上のホイップクリームを♥

7「シャンティイ競馬場」
d0063314_19294287.jpg
地図だと街やシャンティイ城と隣接しているように見えますが
入口は「7」の数字が書いてある側。
私は車で連れて行っていただいたので歩いてここまで行っていませんが、
ホテル側からだとちょっと遠いですね!
シャンティイ競馬場でのんびりレース観戦。

8「Musee Vivant du Cheval」裏のお散歩コース。
d0063314_19343537.jpg
パン屋さんの前辺りに「生きた馬の博物館」の裏門があるのですが、
ここを入ったエリアから見るシャンティイ競馬場も素敵です。
d0063314_19341728.jpg
真っすぐの並木道が続いていてみんなお昼寝をしたりジョギングしていたり素敵なお散歩コース。
d0063314_19345715.jpg
パン屋さんやデリでいろいろ買って、ここでピクニックしたら気持ち良さそうです!
もちろん「生きた馬の博物館」も世界一美しい厩舎と言われるだけあって感動的な美しさ。
「Musée du Cheval-生きた馬の博物館」1

地図外:「Château de la Reine Blanche」
d0063314_19363762.jpg
この地図には載っていませんが街から1時間くらい森を歩くと辿り着ける小さなお城。
カフェも隣接しているので、ハイキングのご褒美に、
シャトーや美しい湖を眺めながらクレープをいただくのがおすすめ。
d0063314_1937352.jpg
オードリー・ヘプバーン主演の映画「パリの恋人」(1957年)のロケ地にもなったシャトーです。
小さなシャトーへ:シャンティイの森をハイキング。
60580 Coye-la-Forêt France

どんな距離感かわかっていただけましたか?
駅から街の中心地は歩いてまわれる距離なので車がなくても十分楽しめます。
もしパリまで行かれたら、空港に行く前にぜひシャンティイの街で一泊してみてくださいね:)
by carrie_candy | 2013-11-23 19:41 | Chantilly

シャンティイ城・コンデ美術館

フランス最終日、スウェーデンに行く前にシャンティイ城の中を見学してきました。
d0063314_18503750.jpg
14世紀から長い年月をかけて完成したシャンティイ城は
d0063314_18505796.jpg
フランス革命で大きな被害を受けたものの
1870年代にオーマル公爵が見事に修復させたのだそう。
d0063314_18515820.jpg
美術や書物のコレクターでもあるオーマル公。
イギリス亡命時代に集めた珠玉のコレクションを飾るために
改築を行ったとも言われているるだけあり
当時のままの配置で壁中に飾られた絵画は圧巻!
d0063314_18521990.jpg
絵画やオブジェの配置に関しては城とコレクションを譲ることになったとき
オーマル公がフランス学士院に出した条件の一つで、
d0063314_18523040.jpg
他には「コレクションの貸し出しは禁止」などもあったそう。
d0063314_18524261.jpg
d0063314_18525083.jpg
こちらは修復していたお部屋。
14世紀からあるお城の修復だなんて考えただけでドキドキします!
d0063314_18535571.jpg
ステンドグラスや
d0063314_18561074.jpg
d0063314_18562023.jpg

礼拝堂も美しく
d0063314_18563420.jpg
d0063314_18564498.jpg
d0063314_1856571.jpg
d0063314_1857539.jpg
特に素晴らしいのは図書室!
d0063314_18571719.jpg
フランス国立図書館に次ぐ所蔵量とい言われ
d0063314_18564747.jpg
3万8千冊の蔵書と
d0063314_18584899.jpg
700点もの写本が収められています。
d0063314_18592959.jpg
挿絵が美しい!
d0063314_18594298.jpg
世界一美しい装飾写本といわれる「べリー公のいとも豪華なる時祷書」もコンデ美術館所蔵。
d0063314_1911647.jpg
複製しか公開されていないらしいのですが4月のページが開かれてガラスケースの中に。
d0063314_1912994.jpg
本物!?どちらにしても本当に美しい挿絵です。
d0063314_1913698.jpg
個人的に気になったのがいたるところにあるH.Oのモチーフ。
d0063314_192297.jpg
d0063314_1933519.jpg
アンリ・ドルレアン(Henri D'Orléans)=オーマル公のイニシャルです。
d0063314_1925465.jpg
d0063314_193514.jpg
外壁にまで。この時代の流行りだったのでしょうか?
d0063314_193446.jpg
オーマル公の想いがつまったシャンティイ城とコンデ美術館。
夏のフランス旅の最後に相応しい素敵なひとときになりました!

この後はシャルルドゴールに向かいストックホルムへ。
夏のスウェーデンも最高に素晴らしかったのでのんびりと写真を載せていこうと思います。
by carrie_candy | 2013-11-23 19:09 | Chantilly

シャンティイ城で極上のホイップクリームを♥

d0063314_18323037.jpg
シャンティイ競馬場で楽しいひとときを過ごした後はシャンティイ城へ。
d0063314_183389.jpg
すでに夕方だったのでお城の中は次の日に行くことにして、
この日は庭園のお散歩とデザートがお目当て:)
d0063314_18334388.jpg
シャンティイ城はお城の美しさや絵画も有名ですが、
それと並ぶ程有名なのがホイップクリーム(クレーム・シャンティイ)!
シャンティイ城の宮廷料理人フランソワ・ヴァテール氏が発明したと言われています。
いくら発祥の地とはいえどこでも食べられる生クリームをわざわざ食べにお城に行くなんて、、、
と思いましたが、小林さんや井田さんが「Le Hameauのクレーム・シャンティイは格別!」
とおっしゃるので、お城を横に見ながら庭園をぬけLe Hameauへ。
d0063314_18344750.jpg
Hameauとはコンデ公が1700年代に建てた小さな疑似集落のことで、
当時流行った田園生活を体験するためにわざわざ敷地内にアモーを建てさせたのだそうです。
アモーは豪華絢爛のお城とは雰囲気も変わりとても可愛い!
d0063314_1835635.jpg
このアモーでクレーム・シャンティイをいただけます。
私が行ったのは夏だったので外でいただくことに。
d0063314_18351967.jpg
私はクレーム・シャンティイ苺添え。
d0063314_18353453.jpg
すーーごく美味しい!少し酸味があってマスカルポーネチーズのようなずっしりと濃厚な味わい。
苺も味が濃くてとっても合う♥
d0063314_1839288.jpg
秘密は無殺菌乳であることとお砂糖の配合だそう。
d0063314_18384425.jpg
たかがクリーム、されどクリーム。
「生クリームとお砂糖を混ぜる」ただそれだけのことですが
今ではお菓子になくてはならない存在
「クレーム・シャンティイ」を発明したフランソワさんは凄いなぁ。

たくさんカロリー摂取したのでその後は庭園をお散歩。
この庭園はヴェルサイユ宮殿と同じ庭師が手がけたそうです。
d0063314_18385677.jpg
白鳥や馬、鴨、ビーバー(カワウソ?)などいろいろな生き物が。
d0063314_1840580.jpg
d0063314_18401844.jpg
d0063314_18402765.jpg
d0063314_18404090.jpg
綺麗に手入れされていて本当に美しい庭園です。
d0063314_18405511.jpg
d0063314_1841886.jpg
d0063314_18411769.jpg
d0063314_18413055.jpg
お城に興味ない方も、綺麗な庭園をお散歩してアモーでクレームシャンティイを食べるだけでも
とても素敵なフランスの思い出になるはず:-)
d0063314_18414169.jpg
Chateau de Chantilly
60500 Chantilly
by carrie_candy | 2013-11-23 18:47 | Chantilly

シャンティイ競馬場でのんびりレース観戦。

フランスでご活躍されている小林智調教師に連れて行っていただいたシャンティイ競馬場。
日本の競馬場とはかなり雰囲気も異なり、すべてにおいて感動しっぱなしのレース観戦でした。
d0063314_182134.jpg
ジョッケクルブ賞(ダービー)やディアヌ賞(オークス)の日は物凄い賑わいだそうですが
私が行ったのは平日のレースの日だったので、地元の人ばかりののんびりとした雰囲気。
d0063314_121135.jpg
この日のレース表。
d0063314_132674.jpg
1階はホールになっていて他の競馬場のレースのビューモニターも。
d0063314_142339.jpg
芝生に寝転がったり家族でピクニックしている横にコースがあって
d0063314_143446.jpg
反対側には「生きた馬の博物館」が見える日本では考えられないような美しいロケーション:-)
d0063314_144655.jpg
びっくりしたのが日本と比べてオープンで馬や騎手との距離が近いこと。
エントランスを入ってすぐのところにパドックがあるのですが触れちゃうくらい近いです!
d0063314_151598.jpg
そしてジーンズにタンクトップ姿の美女が手綱を引いていたり
d0063314_153071.jpg
おじさまがお客さん側の知り合いらしき人とお喋りしながら引いていたりと
パドックの雰囲気も東京競馬場とは全く違ってびっくり。
d0063314_154363.jpg
スミヨンが走るレースは子供たちが「スミヨーン!」と大声援でした。
d0063314_165057.jpg
コースだって考えられない近さ。
「このレースは近くで見ると楽しいですよ」と言われたので近くに行ってみると、
d0063314_1165381.jpg
!!!目の前を物凄いスピードで!
d0063314_172823.jpg
・・・駆け抜けていったのでドキドキしました~!もちろん動揺し過ぎてピント合わず(笑)。
d0063314_1740100.jpg
コースの出入りはお客さんに近い通路を通っていくのですが
d0063314_1112511.jpg
なんだか馬も穏やかで騎手たちも和気あいあいとした感じ。
d0063314_1111118.jpg
d0063314_111397.jpg
馬が待機しているエリアまで丸見え。
d0063314_1124979.jpg
フランスの競馬場は本当にすべてがオープンです。
d0063314_113098.jpg
小林さんがランチタイムに競馬場内のレストランを予約していてくださって
ご一緒した藤岡佑介騎手たちとみんなでランチ。
フランス競馬のことやジョッキーの減量話など、すっかりお喋りに夢中になってしまい
あまり写真を撮っていないのですがとっても素敵なレストランでした!
窓側の席を用意してくださったのですが、コースが見渡せる最高のロケーション。
d0063314_1132680.jpg
お味も最高で、東京競馬場にもこんな素敵な場所があったらいいのに!と心から思いました。
d0063314_1134024.jpg
こちらのアイスもとても美味しいそうなのですが、すでにランチでデザートをいただいた上に
このあとシャンティイクリームを食べに行く予定のため断念。次は食べたいな~♥
d0063314_1135283.jpg
そんなこんなでレースというより馬を見たり場内の雰囲気を楽しんだシャンティイ競馬場。
光栄にもプロの解説付きだったこともあって私には贅沢すぎるほど!
本当に楽しかったし最高に素敵なフランス競馬観戦デビューとなりました:)
小林智調教師や藤岡佑介騎手に心から感謝です。
by carrie_candy | 2013-11-04 01:20 | Chantilly

小さなシャトーへ:シャンティイの森をハイキング。

博物館のあとは井田さんとFredと待ち合わせてシャンティイの森をハイキング!

なんでも1時間くらいの簡単な道のハイキングで
Château de la Reine Blancheという小さなシャトーに辿り着けるらしく、
ぜひ一緒に行きましょう!ということになったのです。

16時半くらいにシャンティイ駅で待ち合わせて出発!
夏は22時くらいまで明るいフランス。木漏れ日が美しく最高の森林浴です。
d0063314_0221454.jpg
シャンティイの森はとにかく複雑。
まるでアリスの森のようにすぐに二手に分かれたり6方向に分かれていたり!
d0063314_0222267.jpg
地図を見たりiphoneのグーグルを使ったりしながらシャトーをめざします。
井田さんとFredも地図とにらめっこ。
d0063314_0223369.jpg
途中馬の為の転回ゾーンも。
d0063314_028475.jpg
カエルにも遭遇。
d0063314_022523.jpg
ここはフランスですから、もしかしたらキスしたら王子様に変身するかもー!
d0063314_0235394.jpg
7月だったのでまだ小さいですが、ベリーもいっぱい。
d0063314_0232142.jpg
井田さんがスカートふわりのナイスショットを撮ってくれました:)
d0063314_024399.jpg
パリでハイキングの話になったので、
シャンティイ出発前にラファイエットに駆け込んで手に入れたスニーカー。
ピンクベージュの革の色が綺麗で気に入ってます:)
d0063314_0303446.jpg
楽しくお喋りしながら歩ける平らな道。
d0063314_0251863.jpg
d0063314_0315182.jpg
そしてちょうど一時間くらい歩くと突然湖とお城が!
d0063314_0323742.jpg
湖越しの景色がとっても素敵!
d0063314_0341328.jpg
じゃーん!到着です!Château de la Reine Blanche。
d0063314_0354386.jpg
オードリー・ヘプバーン主演の映画「パリの恋人」(1957年)のロケ地にもなったとか。
シャンティイ城に比べたらびっくりするほど小さいですが、
とっても可愛くて丸い柱の上にラプンツェルがいそうな雰囲気♥
d0063314_037571.jpg
隣りの建物も素敵。
d0063314_037134.jpg
可愛い車も。
d0063314_037142.jpg
ここはカフェでした。
d0063314_0381571.jpg
d0063314_0382696.jpg
歩いたご褒美にクレープやカフェクレームを。
d0063314_0384049.jpg
適度に運動したあとなのもあってとっても美味しい!
d0063314_0385257.jpg
テラスの目の前が湖で
d0063314_0392197.jpg
d0063314_0393237.jpg
左側にはプチシャトー。最高の気分:)
d0063314_0394393.jpg
こんな目がいっぱいに見える木もあって、なんだか神秘的な感じもしました。
d0063314_0402059.jpg

車で来る方も多いようですが、私たちは帰りも徒歩!
日が暮れる前に出発しました。
d0063314_038597.jpg
西日が緑を照らしてとっても美しい帰路。
d0063314_04147.jpg
3人とも自然が大好きなので、
またどこかで一緒に自然にふれたいね、なんて話しながらの帰り道。
d0063314_0411691.jpg
森を抜けると視界が開けてシャンティイ城が!ゴールです♪
d0063314_0414917.jpg
お城に始まりお城に終わる素敵なハイキングコースでした。
d0063314_0414995.jpg
d0063314_0422863.jpg
ちょうど博物館の辺りで日が沈んできました。
d0063314_0433081.jpg
そして街に出て賑わっていたイタリアンレストランへ。かんぱーい♥
d0063314_0432185.jpg
3人でモリモリ食べて
d0063314_0433346.jpg
d0063314_0434322.jpg
Fredの終電を駅で確認してからホテルに戻りました。
シャンティイ初日にして濃く楽しい一日でした。
ホテルのふかふかベッドで井田さんとぐっすり~:)

Château de la Reine Blanche
60580 Coye-la-Forêt France
by carrie_candy | 2013-11-04 00:50 | Chantilly

「Musée du Cheval-生きた馬の博物館」3

「Musée du Cheval-生きた馬の博物館」見学のさらに続き。

だいたい毎日小さなデモンストレーションと
曜日によって長いショーが見られるこちらの博物館。
私が行った日は長いショーはやっていなかったのでデモンストレーションを見学することに。

会場がとっても素敵!
d0063314_071139.jpg
円形になっていて以前見たジンガロのホールみたい。
d0063314_081376.jpg
d0063314_082544.jpg
d0063314_084161.jpg
先程調教していた馬たち!
d0063314_09819.jpg
とても美しくて可愛くて、たくさん動画を撮ったのですが、
またもやブログの載せ方がわからず。。。
写真だけ。とても素敵なデモンストレーションでした。
d0063314_091616.jpg
終わってついていくと入口のエリアをぬけて奥に入っていきました。
d0063314_093037.jpg
可愛い2頭だったなぁ:)
d0063314_094118.jpg
次は長いショーも見てみたいです!

「生きた馬の博物館」とっても素敵でした。
建物も本当に美しくて感動したし、
何よりスタッフの馬たちに対する愛情が感じられたのがよかった。
d0063314_0123242.jpg
これは閉館後に博物館の前を通った時の様子。
d0063314_0124474.jpg
博物館の横の広場でアコーディオンの音色。
誰に見せるでもなく好きに弾くスタッフについて馬や犬もお散歩。
d0063314_0125316.jpg
馬は勝手にフラフラ歩いて草を食べてるし
犬は私とキャッチボール。
d0063314_013417.jpg
お姉さんも何曲か弾いたら彼らと一緒に中に戻っていきました。自由だな~:)
でもこんな優しい雰囲気が博物館の中にも漂っていて、それがとっても素敵だな!と思いました。
また行きたいな!

Musée du Cheval
Grandes Ecuries, 60242 Chantilly, France
by carrie_candy | 2013-11-04 00:18 | Chantilly

「Musée du Cheval-生きた馬の博物館」2

「Musée du Cheval-生きた馬の博物館」見学の続き。
馬も乗っている女性も本当美しい!
d0063314_2358330.jpg
広い中庭を通り過ぎていくので
d0063314_23583113.jpg
どこに行くのだろうと着いていくと、
d0063314_23584472.jpg
d0063314_23585929.jpg
外の練習場でした。調教が始まったようです。
d0063314_003782.jpg
本当に優雅で美しくて最初から最後までずーっと見てしまいました。
d0063314_2359527.jpg
背景まで美しくて、今自分がどの時代のどの世界にいるのかわからなくなる!
d0063314_001311.jpg
小さな子供がいてもゲートも開けっ放し。本当のんびりです。
d0063314_002715.jpg
d0063314_015049.jpg
もう一頭黒い馬の調教も始まりました。
d0063314_02831.jpg
こちらはクールでカッコいい感じ!
d0063314_02205.jpg
馬好きにはたまらない素敵なひとときでした!
d0063314_024468.jpg

by carrie_candy | 2013-11-04 00:04 | Chantilly

「Musée du Cheval-生きた馬の博物館」1

さて、10月のフランスのことはちょっとお休みしてまずは7月のChantillyのことを!
d0063314_23375782.jpg
Chantillyに着いてまず向かったのは「Musée du Cheval-生きた馬の博物館」。
d0063314_23381128.jpg
死んだら馬に生まれ変わると信じていた7代目コンデ公のルイ・アンリが作らせた
世界一美しいと言われる厩舎は、シャンティイ城と競馬場の間にあります。
Hermèsもこの大厩舎をモチーフにスカーフをデザインしているそう。
重厚な石造りの外観にはたくさん馬のモチーフが使われていて、
d0063314_23401286.jpg
そしてとにかく巨大!
d0063314_23393658.jpg
まず中に入ると広がる大きな空間。
d0063314_23395056.jpg
本当に美しい~!今こんな豪華な厩舎を建てたらいったいいくらかかるのだろう・・・!
d0063314_2340223.jpg
ここに本物の馬たちが!
d0063314_23511296.jpg
d0063314_23412277.jpg
しっかりと調教された馬たちはとても穏やか。
これから調教が始まるのを待っている馬も。
d0063314_23413126.jpg
私がここに入るとき丁度お散歩から戻ってきたポニー:)
d0063314_234144100.jpg
この子の瞳はとても美しかったです。
d0063314_23415529.jpg
たくさんの馬たちがここに暮らしてるんですね。
d0063314_2343234.jpg
d0063314_23431240.jpg
こんな展示スペースがあったり、
d0063314_23525830.jpg
昔の馬車も!
d0063314_23422679.jpg
カフェも厩舎を改装してあり素敵でした。
d0063314_23433946.jpg
中庭をぬけると展示スペースが。
d0063314_23441486.jpg
d0063314_23451566.jpg
d0063314_23452786.jpg
柱も太くて立派です。
d0063314_23453533.jpg
うまくこれは記念スカーフみたい。デザインが素敵です♥
d0063314_23454177.jpg
何やらたくさんの名前。
d0063314_23455518.jpg
1930年のダービーでアガ・カーン閣下のBlenheimという馬が勝った、ということかしら?
d0063314_2346681.jpg
美しい石像や
d0063314_23463463.jpg
メリーゴーランドも。何から何まで馬。馬好きな父を連れてきてあげたい!
d0063314_23472922.jpg
優雅な気分でお城のような博物館を回りまた中庭に出ると何やら馬の足音が。
d0063314_23475512.jpg
早速観に行ってみることに!

Musée du Cheval
Grandes Ecuries, 60242 Chantilly, France
by carrie_candy | 2013-11-03 23:56 | Chantilly

森の中のRion(リオン)の坂路。

あぁ、日曜日の凱旋門賞が迫ってきているー!ドキドキ!
というわけで昨日に引き続き今日もフランス・シャンティイの競馬情報を!

今回小林さんに案内していただいた場所の中で一番感動したのがこのリオンの坂路。
d0063314_2338339.jpg
シーンと静まりかえったシャンティイの森の中から聞こえてくる馬の走る音。
その数秒後に姿が見え、あっという間に目の前を通り過ぎていきます。
d0063314_23412415.jpg
目の前を通り過ぎる時間はほんの一瞬!
d0063314_23415241.jpg
坂道を駆け上がる馬たちは本当に美しくて感動しました。
d0063314_2343839.jpg
このリオン坂路はシャンティイ城が見える広場までつながっている約4kmの坂路練習場。
d0063314_2352206.jpg
このように途中に細かい路地があり、4kmの坂路を適当に区切って使っているそうです。
d0063314_23523263.jpg
オルフェーブルも昨年に引き続きこのリオンの坂路で練習しているんですって!
d0063314_23552569.jpg
かなりのスピードで駆け上がってくるので「厩舎ごとに割当てられた持ち時間」とか「ブザーが鳴ったらスタート」とかいろいろなルールがあるのかと思いきや、そんなお固い決まりはないらしく、みんな譲り合ってなんとなく上手く使っているんですって。素晴らしい!
d0063314_23595733.jpg
なので突然こんな美女も森から現れます♥
d0063314_003528.jpg
素敵!
d0063314_014021.jpg
こんな綺麗な森の中にいたら乗っている人も馬も気持ちいいでしょうね!
d0063314_034526.jpg
最終追い切りも無事に終わり今年のオルフェーブルはかなり順調なようです。
あぁ!日曜日が待ち遠しいです!
by carrie_candy | 2013-10-05 00:14 | Chantilly

シャンティイの小林厩舎へ!

次に連れて行っていただいたのは小林厩舎!
d0063314_0493653.jpg
昨年に引き続き今年もオルフェーブルを受け入れています。
私が行ったのは7月だったのでまだいませんでしたが、
もうすぐこの厩舎にオルフェーブルがくるのかと思うとドキドキしました。
それにしてもフランスの厩舎はとっても可愛いー♡
d0063314_0492955.jpg
馬房から馬たちが顔を出しています。
d0063314_0494098.jpg
う〜!この子可愛い!フェロックスサムライ。
d0063314_050017.jpg
凄く穏やかで優しい雰囲気ですが、すでに何勝もしている凄い馬!
d0063314_0521451.jpg
フェロックスサムライと小林さん。
d0063314_0532457.jpg
d0063314_0533280.jpg
どことなく動きがリンクしていて
d0063314_0534459.jpg
意思疎通はバッチリなようです♪
d0063314_0535831.jpg
先程の馬たちが帰ってきました。
d0063314_0552286.jpg
d0063314_0553274.jpg
小林さんに馬の様子を説明しているようです。
d0063314_0554355.jpg
一頭一頭チェックしていく小林さん。
d0063314_0552642.jpg
途中放牧に出ていた馬のチェックもありました。
d0063314_0554341.jpg
d0063314_0555659.jpg
他のスタッフは蹄の手入れをしたり餌の準備をしたり。
d0063314_0562196.jpg
日常的な風景なのでしょうが、私にはすべてが興味津々!
d0063314_0563631.jpg
わんちゃんも馬房や餌部屋、お庭なんかを行ったり来たり。自由な感じです。
d0063314_057090.jpg
素人ながら感じたのはどの馬も競走馬なのに穏やかなこと。
d0063314_0572364.jpg
これは競馬場の馬を見ても感じたのですが、レース後ものんびりムード。
私は東京競馬場の裏通路でレース直後に荒々しく暴れたりする馬を間近で見たりしていたので
この雰囲気の違いに驚きました。
d0063314_058141.jpg
お話を伺うと日本と違って広い森の中で毎日思う存分運動できるシャンティイの馬たちは、
自然の中でかなりストレスを発散しているので普段はとても穏やかな子が多いのだそう。
d0063314_058969.jpg
人間も馬も同じですね!
d0063314_133812.jpg
小林厩舎の大家さんのお家が童話にでてきそうな可愛さでうっとりしつつ、
次は一番感動したFrance Galopトレーニングセンターの森の練習場へ!
d0063314_134431.jpg

by carrie_candy | 2013-10-04 01:14 | Chantilly


樋口智恵子の公式Blog。1月30日生まれ。声優/女優を中心に活動中。コンビネーション所属。


by carrie_candy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

☆NEWS☆

Official Instagram
@chieko_higuchi

ナレーション
KIWAMI-極-次世代につなぐNIPPONの極意


マカダミアを使ったレシピを公開中!
d0063314_1954353.jpg


Air France
キャンペーンサイト
AF CAMERA&me
モナコ旅の記事を寄稿!↓
d0063314_1621316.jpg
Air Franceカメラアプリ
d0063314_1654170.jpg
Air France
キャンペーンサイト
Paris旅の記事を寄稿
いまパリに行く380の理由

オフィシャルアンバサダー
My Little Box Japan
d0063314_119465.jpg

アニメ吹き替え
「ヘンリーハグルモンスター」
ディズニージュニア 
毎週土曜・日曜 
13:00〜と20:00〜
(土曜は再放送)

ナレーション
「ハイボール万歳!」
BS-TBS
毎週月曜20:54~21:00

ボイスドラマ
逆転裁判5〜逆転のアニマルサーカス!?
成歩堂みぬき役

北海道ファームハウス掲載
三井ハウジングメイト
「My Favorite Life」

ブログパーツ

以前の記事

2017年 05月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

カテゴリ

Paris By Air France
Provence
北海道
北海道・DIY
Rome
Firenze
Sardegna
Big Island
Guam
Bali
New York
San Fransico
Napa
日本の旅
Las Vegas
Los Angeles
Seattle
San Diego
New Mexico
Grasse
Cote d'Azur
Oahu
上海
Bali2011
器と美味しいもの
Paris July.2013
Chantilly
Stockholm
Gotland
Paris Oct.2013
My Little Box
Honfleur 2013
Deauville/Trouville
New York 2014
Monaco&Paris by AF
Paris Sep.2014
Ile de Ré
Rhône-Alpes
Air France_Expo
Paris Oct.2014
Honfleur 2014
Deauville 2014
Chantilly2015
Aix-en-Provence
Moustiers
Paris June.2015
Giverny
Fashion
Beauty
Paris Oct.2015
DBW in Paris&Nice
Austria
Czech Republic
台湾
Phuket
Paris March.16'
Singapore
Basque July.16'
France Oct.16'
Party

ブログジャンル

声優・アニメ
旅行・お出かけ

エキサイト公式ブログ

高橋秀幸公式ブログ「Let's Get たかHappy!」
仲谷明香公式ブログ「続、駄菓子菓子、」
『AJF NEO GENERATION 2013』公式ブログ
鎌田章吾公式ブログ「俺たちスーパースター!」
海保えりか公式ブログ「ぽえりずむ」
明坂聡美ヴログ『共和国ノ進メ』
Sister MAYO Official Blog「MAYOブラボー」
Prico official blog『PricoのPrilog』
宮路一昭公式ブログ『~MY LIFE~』
井ノ上奈々公式ブログ『井ノ上屋』

copyright © 2007-2015 Chieko Higuchi all rights reserved.
Copyright © 1997-2015 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム